答えのない人事の日々




人事の仕事は答えがないんですよね。
しかも会社ではあまり好かれることもない。
だからいきなり新卒からずっと人事をやってきて、転職も人事でしてきた私には一つの答えがあります。
「人に対する答えは無限大だ」と。




こう思うようになってきたきっかけというのは自分の中でこれはおかしいという答えも他人にとっては正解だったりどうでもよかったりしたからです。
そして自分一人がいなくなっても会社も宇宙もグルグル回るし、自分が立ち止まっている間も社会は動いていて、また違う正解を作り出していると。
それからは深刻に悩むことは無くなりました。
会社はただの営利集団で、日本においては個人の個性を抹殺するだけの組織だと気が付いたんです。
下らないことばかりが会社では起きているし、日本の会社は別にほとんどが存在理由なんてない。
だからこそ自分の納得いく組織でみんな働いてほしいのに、馬鹿丸出しの古い雇用慣習や採用方法にずっと囚われている気分で、それはいつも自分の中にあります。
つまらない社会を面白くしたとき、たぶん、こういう思想からは解放されるんでしょうけど。

まあ、今年も残すところあとわずか。
適当に生きましょう。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください