パチンコを辞める、依存症を克服する最短の方法!

パチンコを辞めるためには、とても大事なことがあります。

なぜ負けるのに行くのか。

目次

脳が刺激によってダメになる理論とか、そんなそこらへんにうじゃうじゃ書いてあることじゃ絶対辞められない。もはやこれは病気なんだ。そして病人は自分を病人と認めることを嫌がる。だから俺はこのブログで読んでくれた人が少しでも生活水準と心の健康が向上することを祈って書く。何だって物事は地に足をつけて考えるものであって。具体的な行動パターンがないと何一つ物事は解決しない。

だから俺はこの苦しんだ6年間を振り返って、本当に役に立つ解決策を読者に送ります。株の記事ばっかり読んでいくのもいいけど、こっちも読んでね!



問題点。

⓵お金がないのにパチンコで金を使う。

パチンコ屋にいくのは貧乏人だっていうことを自覚しよう。

安月給の若手サラリーマンくらいしかはまらないじゃないか。

安い国民年金貰ってる年配者とか。生活保護受給者とか。

年収2000万円くらいの人がパチンコにはいかないだろう。

②嘘をついてパチンコ屋にいく。

もしパチンコに後ろめたさがないなら、なんで公言していかない。

③家族にあたる。

最低だよね。でもギャンブル依存症に罹患している人は絶対に気を付けた方がいい。暴力的になるから。

④健康が破壊される。

耳が爆音で悪くなる。大量の副流煙。そして何よりも負のオーラに満ち満ちたあの空間。隣のやつが大当たりしたら舌打ちして帰るオッサンやリーマン。小学生に劣るぜ。

⑤ギャンブルは必ず胴元が勝つ。

しかしパチンコはそれ以前の問題だ。

パチンコ屋は設定や出る台がわかりません。当たり前のようになっていますが、おかしいことに気が付きましょう。あたりの入っていないクジ引きをさせることは違法行為になるけどパチンコ屋は罰せられない。

これってすでにギャンブルじゃありません。最初から勝ち負けが決まったイカサマです。もしもきちんとしたギャンブルなら、200台マシーンがあったら、そのうち何台に当たりが入っているかを知らせないとおかしいんです。宝くじの販売本数が何枚で、あたりは何本入ってるとか書いてあることと同じです。おかしいんです。こんなパチンコという代物は。

解決策は至ってシンプルです。



⓵現金を持つのはもうやめにしましょう。あったら使います。それが人間です。クレジットカードと電子マネーを駆使すればいまはたいていのサービスが受けられます。スーパーは現金しかダメなところもありますが、コンビニならクレジットカードが使えます。

②近寄ることすらやめましょう。トイレ借りるのもやめときましょう。絶対に吸い寄せられます。物理的な距離をとるんです。

③小額投資でもいいから株をやってみましょう。1000円から投資できるアプリも最近はできました。パチンコに使う千円と違って、企業を応援して経済を活性化させることになります。手数料もパチスロより安いです。いまは等価交換がないので、千円札をサンドにいれた瞬間に負けが確定します。メダル50枚で換金800円なんてざらです。株なら手数料はある程度決まっていて、パチンコよりもよっぽど健全です。経済に詳しくなって楽しくなります。ワンタップバイでかなり投資に詳しくなることができました。感謝。

④パチンコに使う10万円で家族や恋人にプレゼントを買いましょう。どれだけ素晴らしいものが買えるか。喜ばれるか。ちょっとしたお金で人に感謝してもらえます。パチンコに10万円使うやつは馬鹿ですが、親や恋人に十万円使って旅行をプレゼントした男を馬鹿呼ばわりするやつはいません。立派な男です。

お金は使い方次第で生きたり死んだりします。

パチンコに使ったお金はいま、広島の上を飛んでグアムに落ちる核ミサイルになっています。

自分たちが使った金が人殺しの道具になってるんです。こんなに愚かなことは無い。

恐ろしいだろ。

人殺しの道具を作るために日本円を使うなんて。

ゾッとするよ。

娯楽の範疇で収まるうちは良いですが、人間には欲があります。だから必ず大金を失う日が来ます。

みなさんの健康で幸せな生活を祈っております。



おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください