【パチンコ依存症の末路】現役人事が見たパチンコで仕事を辞めた人

パチンコで職を失う人を見たことありますか?

私は仕事柄、何人も何人も見てきました。

私は職を失ったことは幸い、ありません。

仕事は特定の法律を使う仕事一本でキャリアを築くために転職はしてきました。

なので、職種は変えないでずっとどの会社に行っても仕事は同じです。

というわけで比較的容易に転職できます。

でも、パチンコで仕事を失う人は身体が資本の肉体労働をする人が圧倒的に多い!

事務職なら精神病だろうがなんとかなりますが、配置転換さえさせてもらえず、辞める羽目になる人は肉体労働の人にめちゃくちゃ多いんです。

これは差別的な意味でもなんでもなく、生産活動に従事する予定で採用された人は、管理職になるまでは生産の仕事から離れられないことが多いこともあります。

とある製造職の社員さんがいました。

いきなり会社を無断欠勤して、会社からの電話にも出ず、会社の借り上げ社宅にも電話がつながらないので、私と上司で彼の社宅まで行きました。

社宅のカギを総務から借り、彼の社宅に入りました。



小さな机がありました。

そこには食べ散らかしたラーメンの袋と、

健康保険証、そして、社員証がおいてありました。

手紙もありました。探さないでくださいと書いてありました。

失踪です。退職届こそなけれど、意思表示のように感じました。

ご家族の方が会社まで来られました。迷惑をかけたと。

何度も何度も謝られていました。

彼は三日たっても見つかりません。警察に捜索願をかけてもダメでした。

そして2週間後、彼は無事に発見されました。



結局は友人の家にいました。

本来ならば無断欠勤2週間以上は就業規則で懲戒解雇をしなければならなかったのですが、それは会社も彼も望んでいないということで、依願退職ということになりました。

そして、原因を聞いて驚きました。

パチンコで3日で50万円以上負けてしまい、やけになったと彼は言いました。持っていた漫画を全て売り払い、ゲームソフトなども売っていました。金細工なども。

ゲームや漫画を売ったくらいでは返せないほどの借金がパチンコで出来てしまい、そのせいでうつ病にもなりかけていると。心療内科やギャンブル依存を治すための病院にも行ったそうですが、ダメだったようです。真面目に普段仕事をしている彼のセリフなので思わず目が点になりました。

嘘だろ?

こんなことで彼は、毎月の月給22万円と、賞与が6ヶ月も出る会社の正社員を辞めることになったのです。昇給も毎年きっちりとある会社です。

残業代もすべてきっちり管理されて支給されるので、かなりの収入の見込める会社でした。

それでもパチンコにのめりこめばあっという間にお金を失い、あまつさえ社会的身分さえ失ってしまう。背筋が寒くなりました。

なぜって?

だって私はそのとき、パチンコに週に一回くらいは行っていたからです。

それを目の当たりにしてもしばらくは会社の帰りに同期とパチンコに行っていたのだから僕もバカでしたが。

彼は転職をするもその後は上手くいっていません。

正社員になれないんです。年齢的にも。35歳を超えていましたから。

なんだかやるせない話ですが、実話です。



みなさんが平和で健康な生活を送られることを心から祈っております。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください