吾輩は、パチスロ台である。

私はとある駅前にあるパチスロ台だ。

名前はまだない。

今日の私はなんと設定6が入っている。

しかし、私のスペックでは大して期待できないだろう。新基準だからな。

極悪ボッタクリ店なのに、今日は朝から並んでいるやつがいる。

吾輩は昨日、異動命令を受けた。あ、移動命令か。

私を射止めるのは誰なのか。できればとてもきれいな女が良いのだが、そんなわけもない。

平日の朝の10時半からくるようなやつである。オッサンである。

汚い手でコインを入れるな!私の下皿をなでるな。気持ち悪い。

私にも気分がある。

まずは小汚いおっさんには朝1から300ゲームでバケの洗礼を与えた。

オッサンは舌打ちしながら、バケかよとほざいた。

貴様のような無職にはバケがお似合いである。ATにもいかせない。

吾輩にも感情がある。

というよりもいくら設定が入っていても出てもせいぜい3万円の世界である。

彼はついに5枚目の諭吉をサンドに投入した。

熱くなっているが天井付近でビッグボーナスのみで終わらせるつもりだ。

1100ゲームでビッグボーナスの刑を執行した。

そのとき、私の筐体に強い衝撃を受けた。

台パンである。いい年こいたおっさんの台パン。。。

身の危険を感じた私はアラームを鳴らした。

おっさんは黒服に事務所へ連れていかれた。

さて、こんなパチスロをいつまで続ける気かな。

吾輩もこの還元率は忍びない。

パチスロの辞め方はまた今度。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください