アウトレイジ最終章はヤクザ版、半沢直樹である!ネタバレ注意!

はいさい!

アウトレイジの最終章を見てきました。

我が明治大学が輩出した稀代の天才、ビート武が主演と監督を務めた本作。

見どころ満載だった。

とくに気を付けてみて欲しいのは、

会長が土の中に頭だけ出した状態で放置され、最後は車に頭をはねられてぶっ殺されるシーン。スカッとするぜ。

心が洗われるようだ。

半沢直樹に共通していますね、この爽快感は。

糞上司、ぶっ殺すぞ!この快感。半沢直樹が倍返しなら北野武が倍殺しだ!といわんばかりに殺しまくる。

ストーリーとしては済州島に匿われていた、ビートたけしが平穏に?暮らしていましたが、自分の部下が日本のヤクザに遊び半分に殺されてしまいます。

その指示を出したピエール瀧がまったく怖くもないヤクザをしているんですが、そいつを殺すために北野武はもう銃を撃ちまくりの殺しまくり。



銃声で耳が痛いほどの縦横無尽な暴れぶりです。

ストレスたまっているサラリーマンのみなさん、

出てくるクソサラリーマン上司の典型みたいな花菱会のクソ会長ぶり。そして痛快な殺しっぷりにスカッとできます。大事なことだから二度いう。殺したいくらいムカつく上司がいる人は必見です。

この映画の最大の見どころはそこでしょう!

上から言われて自分の意見をひっこめるなんざ、チンピラと同じなど、カッコよすぎる名言満載です。

スカッとしたい方は見に行こう!


おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください