40代で転職失敗する人に共通する口癖をご紹介~人事はここを見てる~

昨今では若者の採用が難しくなっており、30代から40代の採用に切り替える企業も多くなっています。

でもね、40代の転職ってめっちゃ大変なんですよね。

受け入れる側が修羅場なんです。

20代のときから40代と50代を部下に持っている人事の私がこれをやるからうまくいかないんだよという実例を紹介します。

オッサンども、その口癖を直せという内容です。

1.前の会社のやり方に固執するな

前の会社ではしっかりとした基準があってこういうやり方で仕事をしていたんですよ。

みたいなことを言えば絶対に孤立する。

この言葉を口にした時点で、あなたは評論家になった。

企業が求めているのは企業に最適化した解決策であって、

本来あるべき姿をさも御大層に答える事ではないからだ。

この言葉を口にする以上は、言った以上は現場のこれまでの仕事慣習を洗いなおして完璧な改善案を経営陣に出して率先して問題解決にあたる必要がある。

出来ないことなら口にしない方がマシである。

2.給料安すぎる

給料が安いと口にするのは全然問題ない。

しかし、転職したばかりで実績のない段階から口にすると不都合が生じる。

仮に募集職種の経験があって、それなりにスペシャリスト(実務経験20年くらい)であればそんな言葉を口にする前にこっちから給料条件は入社時に少し上げるようにしている。

3.周囲に不満を入社早々にいう。

40代の転職者で特に大企業出身者に多いのがこれだ。

前の大企業ではこういう感じだったのにここではレベルが低い。

お前はもう大企業の社員じゃない。中小企業の一般社員だ。もっというとそこに5年勤務している20代の若者よりも発言力も立場もない。

これまでは40代で転職失敗している人の特徴を上げたが、次にやるべきは改善である。

4.昨日のことは過去という精神を持とう

仮に大企業に在籍していた輝かしい過去があったとしても、いまはもう転職をしてしまって自分が見下していた中小企業という社会のダークサイドに堕ちてきているのである。

さあ、大企業ではあり得ないことが横行しているよ。

正義感を持って仕事をするのではなくまずは溶け込んでしまおう。

昨日のことは過去だ。

もう大企業にいたこともすでに傷になり始めている。

第一線にいる人間以外には冷たいのが日本社会なのだから、割り切っていまの会社で成果を出そう。

5.それでもどうしても我慢できないときは転職エージェントを活用しよう。

転職エージェントを人事部の人間から見るとこのようなメリットがある。

⓵転職希望者のスキルが可視化されている

②大企業出身者特有の問題点を解決してくれる(事前にエージェントに希望条件を伝えている)

③候補者選びを代行してくれる。

特にJACリクルートメントのアドバイザーはかなり優しいし、ミドル層の転職に強みを持っている。

どうしても不満があるなら、ぜひ、JACリクルートメントで転職活動をしてみてほしい。

ハイクラスの転職はJAC Recruitment

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください