文字単価20円のWEBライター、高橋弘樹が文字単価0.5円のライティングに挑戦した結果www

こんにちわ、現役人事コンサルタント&人事ライターの高橋弘樹です。

文字単価0.5円の案件よりも文字単価20円の案件の方が難しい。。。

文字単価0.5円とか1円よりも文字単価が高いほど修正とか多いんだろうな。

文字単価0.5円とか1円の案件でさえこんなに修正されるんだから、私はもうWEBライターはあきらめたほうがいいのかな。

こんなことで悩んでいませんか。

でも、大丈夫。

私はランサーズでトップ10に入るライターです。現在は12番に落ちてます。

文字単価20円くらいの継続案件をいくつも抱えている私が、低単価で悩むあなたにアドバイスを。

単価が上がれば仕事は楽になります。

低単価案件ほど修正が多く書くこと以外の仕事が増える

実は先月はとある実験をしました。

ランサーズ開始当初から文字単価2円を切る案件をあまり受けたことがなかったのですが、文字単価0.5円で楽しそうな仕事を見つけたのです。

で、応募しました。

これが地獄の始まりだった。

まずは画像選定、CMS入稿、わけのわからない書くこと以外のHTML貼り付けなどなど、最後は広告まで貼るという。

文字単価0.5円という単価帯の場合は書くこと以外の仕事の方が多い。

文字単価0.5円帯の仕事内容としては、

①CMS入稿

②HTML

③広告貼り付け

④ライティング

⑤ワードプレス入稿

など仕事が5つもあるってことですね。

結局5時間かかりました。時給550円

文字単価20円の仕事はこんな感じ

クライアントさんからタイトルだけ渡されます。

そして自由に書いてあとは誤字脱字チェックをして出すだけ

文字単価20円の仕事内容

①ライティングだけ

しかもかかる時間は1時間

結論 文字単価が上がるほど書くことだけの仕事になり、楽になるよ!

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください