なぜ、第二新卒の転職活動時期は、12月が良いのか?人事が徹底解説!

第二新卒で転職してみたいけれど、転職活動っていつからすればいいの。

そもそも第二新卒って何歳くらいまでなの。

不安になりますよね。

でも、大丈夫です。

私はこれまで10年間人事を経験してきましたし、実際に1万人を超える第二新卒を面接してきました。

今回は、第二新卒の転職活動準備は12月がいいという理由を、徹底解説いたします。

1.第二新卒とはなにか

第二新卒とは、大卒で新卒入社した企業を3年以内に退職して転職をしようと考えている社会人を指します。

法律的な定義は全くなく、人事の主観で決められていることが多いです。

おおむね25歳未満の社会人を指すという程度ですね。

2.実は一番採用されやすいのが第二新卒

第二新卒は実は一番採用されやすい年代であるといえます。

理由としては、まだ20代で若くて転職回数も1回目、しかも社会人としてのマナーを最低限身に着けているため、教育コストがかからないからです。

新卒で入社した会社で名刺交換や電話応対のマナー研修などを会社から教えてもらいませんでしたか。

大学を卒業して内定を取れずフリーターになってしまった人は名刺交換などのマナー研修を受けていません。

第二新卒の場合はこのわずかな社会人経験が大きなアドバンテージとなって、採用されやすくなっています。

3.そんなにすぐに辞めちゃって大丈夫なの?

そんなにすぐに会社を辞めちゃって大丈夫なのと不安になってしまっている方もいるかも知れません。

しかし、まったく問題ありません。

厚生労働省は若者が3年以内に30%以上が離職していると発表しています。

参考:厚生労働省HP

https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000177553_00001.html

企業側の動向としても、厚生労働省の調査によれば、第二新卒の需要が高くなっています。卒業後三年以内の再就職率がデータとして発表されていますね。

厚生労働省調査:若年者雇用を取り巻く現状

https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12602000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Roudouseisakutantou/0000065181.pdf

 

3.賞与支給日の12月以降であれば、評価を気にせず転職活動できる

転職活動は賞与支給日後の12月から転職サイトや転職エージェントに登録してスタートするのが理想です。

転職活動がばれてしまうと、現職の評価を人事に落とされる可能性が高いです。

理由としては、「これ以上、うちの会社で頑張る気のない子に評価はつけられない」となるためですね。

しかし、賞与支給日以降であれば転職活動が早く終われば2月には内定を獲得できるため、評価が下がって賞与に響くということを気にしなくてよくなります。

4.内定の時期はいつを目指すのが良いの?

内定の時期としては2月か3月に内定を獲得して4月に入社するのがベストです。

理由としては第二新卒者の場合は、25歳未満なので、新卒入社組と同じタイミングで研修を実施できるなど4月入社に企業は前向きなためです。

特に未経験でどうしてもやってみたい仕事のある第二新卒の方ほど、こうした研修を受けられるタイミングでの入社が重要です。

5.転職活動ってどれくらいで終わるの?

転職活動はおおむね3ヶ月で20代は内定を獲得して転職活動が終了する傾向にあります。

理由としては、若いため需要が高く、すぐに内定が出るためです。

現在の第二新卒の採用状況的には転職活動をするとすぐに内定が出る可能性も高いですね。

だからこそ良い就職先を選ぶように転職エージェントを使ってみて下さい。

6.転職エージェントとはなに?転職サイトとは違うの

転職エージェントと転職サイトはビジネスモデルが決定的に違います。

転職エージェントは登録した転職希望者が意中の企業に内定を獲得して無事入社したら、お金を企業が払うビジネスです。

つまり、内定がでない限りお金は発生しません。

転職サイトは、転職サイトに求人広告費用を支払って求人を掲載してもらうビジネスです。

採用できても出来なくても、お金は絶対にかかります。

7.第二新卒はブラック企業を避けるために転職エージェントを使おう

第二新卒は、ブラック企業を避けるために転職エージェントを活用しましょう。

理由としては転職サイトは基本的にお金さえ払えばどんな企業も求人広告を載せられるためです。

転職エージェントは非公開求人の中に、大量の優良企業の求人の持っています。

また、転職エージェントは内定者の年収の30%を企業から受け取るビジネスモデルなので、企業もしっかりと候補者を選んで採用します。

幹部候補生求人が多いですね。

非公開求人もあり、転職エージェントに登録しないと優良企業の求人にはめったに当たりません。

7-1.人事だけが知ってるダークな話。

なんで非公開求人なんてあるのか、って思いませんか。

あなたの働いている会社に、非正規雇用の人がたくさんいませんか。

実は、非正規雇用の人たちが求人に応募されると会社はパニックになってしまいます。

非正規雇用している人たちを正社員にする場合は、正社員登用試験を通ってもらう必要があります。

非正規の人たちに応募されたくないから、優良企業や大企業ほど転職エージェントを活用しているんですね。

8.第二新卒ははじめての転職だからこそ転職エージェントを

はじめての転職活動は転職サイトを活用すると失敗しやすいです。

第二新卒は特に転職慣れしていないですよね。

転職エージェントを活用しないで、転職サイトを使うと以下のようなことが起こりがちです。

・年収交渉を自分でしないとダメ

・求人票の待遇と入社したら全く違った。話が違う。もう前の会社には帰れないし。どうしよう。

・求人の見方がわからないから、いい会社かどうかわからない。

このような事態を避けるためにも、第二新卒の方ほど、転職エージェントを使いましょう。

9.転職エージェントはサポート充実

転職エージェントのサポートは非常に充実しています。

・履歴書と職務経歴書の添削

・面接日程の調整

・模擬面接と、面接で来る質問の予想を教えてもらえる

・転職先の風土を教えてもらえる

・履歴書と職務経歴書を一回登録してしまえば何回も使いまわしができる

サポートが充実しているから、転職活動も安心ですね。

10.人事がおすすめの転職エージェントはブラッシュアップジャパン

人事として推薦したいのはブラッシュアップジャパンさんです。

いい就職.comを運営しており、非常に人事からも評判の良い転職エージェントです。

非常に経営も順調で、新しい支店をどんどん開拓していますね。

ここの売りは一度紹介した会社に何度も人を送り込むことでブラック企業を回避できるところです。


もっと詳しく知りたい場合は解説記事があるので、こちらをみてください

11.ジェイックさんは熱血営業でおススメ

ジェイックさんは第二新卒支援に強く、営業カレッジなどで再度ビジネスマナーを学んでから就職をすることが可能です。

基本的に営業さんも穏やか、かつ熱血気味ですね。


詳しくは徹底解説記事があるので、こちらをご覧ください

12.未経験でIT転職を第二新卒でしたいならワークポートさん

ワークポートさんはIT系に非常に強く、クリエイティブ系転職したい第二新卒に向いています。


詳しい解説は、こちらをごらんください

13.転職エージェントを活用して、第二新卒で転職を成功させよう!

第二新卒で転職する場合は、転職活動がはじめてなこともあって不安だらけだと思います。

しかし、転職エージェントを適切に活用すれば、理想の職場に内定をすることが可能です。

転職エージェントを活用することで、転職活動を成功させましょう。

新たな職場でイキイキ働くあなたを、人事として応援しています。

以上

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください