卑怯者になりたくないなら、人事はいますぐ会社を辞めて、自分の力で稼ごう!

こんにちは、人事コンサルタント&人事ライターの高橋弘樹と申します。

ランサーズではライターカテゴリのトップ10に複数回入ったこともございます。

https://www.lancers.jp/profile/hiroki69

フリーランスの人事コンサルタントとWEBライターになった理由について、今回はお話をさせて頂けたら嬉しいです。

1.働き方改革を推進する一方で、企業の雇用に守られている人事という存在そのものに疑問があった。

人事の経験自体は10年程度してきて、ここにきて働き方改革に取り組んでいくことになります。

そこで違和感を感じ始めました。

企業は副業の解禁をする一方で、人事からするとまるで他人事のように取り組む方が多かったためです。

あなたはえらそうにしているけど、もっと能力のある人が辞めたおかげでたまたま人事部長なんじゃないか。

社会のルールとかマナーとか、なんだそりゃ。

そもそも自分の腕一つでお金を稼ぐ能力のない人事には経営に近いポジションで仕事をする資格はない。

会社がなかったら1円も自分の力で稼ぐことができない人なんて、そもそも経営者サイドで仕事する資格なんてないだろうがよ。

2.そもそもが卑怯な話だよ。

自分たちは人事という経営者側で守られた仕事をしていて、平気で社員を貶める一方で、会社側のためにしか仕事をしないくせに、いったい何が働き方改革なんですかといいたい。

副業の解禁云々いうなら自分の腕だけで月60万以上稼いでみなよ。

会社に雇用を握られていて待遇アップも言い出せなくて汲々として。

いざ、自分たちの身に災難が起こったら何もできない。

それなのに経営者側で仕事をするんですか?日本の人事は何かがおかしいよ!

3.若手の給料、このままだと全然上がらないのに、それでいいのかよ!

若手の社員が将来への不安を口にしても、「いやまあこんな経済情勢だから、将来のことはわからないよ。俺は退職金とボーナスがっつりもらったしやる気ないから関係ねぇし」みたいな発言をする人事部長。

お前らの代はそれでよかったのかもね。

我慢して働いていれば給料も毎年上がるし、定期昇給以外にもたくさんの恩恵があった。

俺たちはどうなるんだよと。

上がらない給料、増える業務量、育たないでうつ病で疲弊していく若手。

いったい、なんだこの日本の労働環境は。

そしてそれを改善できないことにも10年間、ずっと実は不満があった。

結局あまり大したことはできずに終わったけれど、どうかいつか改善してほしい。

4.俺には目標がある。

誰もが自分でお金を稼いで、企業に生殺与奪を握られない社会を実現したいな、と思っている。

そのためにいまはインターネットの発達があって、全国から仕事を請けることが可能になった。

もうとっくに気づいているだろう。

サラリーマンが合わない人にとっては日本は地獄そのものの労働環境だ。

労働環境に満足してる人になんてついぞお目にかかったことがない。

5.安全な場所を離れてどこでも飯が食える存在になろう。

安全な場所を離れて、雇用の常識を変えたい。

来年は、そんな1年にしたいと思います。

以上

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください