会社を辞めたい、連休明けが辛い、それは成長の証であって、特に恥じるべき感情ではない。人事からフリーランスになって、伝えたいこと。

ああ、また明日会社か。憂鬱だな。というか一日だけいって休みなら、いっそのこと明日休みにしろや。

ああ、もうお正月も終わりか。なんでこんなに休みの日が終わるのって憂鬱なのかな。

ボーナスでてるし、80万くらいあるから、やめても3ヶ月は暮らせるよね。

辛いですよね。

僕もそんなこんなで10年間、仕事をしてきたので、めっちゃわかります。

でも、会社を辞めたいのって、そんなにネガティブなことですか。

人事10年やってきた身からすると、それは成長のサインだと思います。

実は僕は、去年に会社を辞めました。

今年からは人事コンサルタントとして、新たなフィールドで戦うことになったのです。

ちなみに、転職ではなくて、開業届を出して、自営業です。

今回は、会社を辞めたいと思うことは、恥じゃないということを人事目線から伝えさせていただきます。

1.実は人事の仕事が嫌いで、新卒のときは、毎日、隠れて泣いていた。

僕は営業職になりたくて、サラリーマンになりました。

でも、配属されたのは管理本部人事部でした。

入社試験の成績が最上位だったから、人事部という理由でした。

別に学歴は明治大学の法学部なので、世間的には下の方の大学の出身です。

人事の仕事って、基本的に正解がないから、自分で覚えていくしかないんですよね。

毎日、指導もされずに放置されたので、とにかく自分で覚えるしかありませんでした。

分厚い本を読んで労働法規の勉強をひたすらしたり、労務顧問の弁護士に話を聞きに行ったり、とにかく必死でした。

それでも、なお、追いつかない。

社員5800名分と連結子会社5000名分の給与計算に社会保険、所得税の計算だけで疲弊しました。

仕事つまらねぇ。ていうかそんな採用基準で採用するんかい。おなかに毒が溜まる日々。

2.なんで仕事を辞めたいのかが分かったのは、人事10年目の夏。

10年ほどが経過して、なんで俺は会社を辞めたいんだろうか、とかいろいろ考えました。

そこで、あることが分かってきました。

ああ、俺、人事って仕事は嫌いじゃない。ただこんな社員を脅して解雇したり、気軽に社員と話も出来ないような仕事はしたくないな。自分でお金稼げたらすぐ辞めるのにな。

ああ、でも、日本の社会はそもそも、転職したい人には冷たい社会だよ。

でもね、一個だけ特技があったな。

企画書書くのはうまいってめちゃくちゃ褒められている。

じゃあ、WEBライターやってみよう。

で、ランサーズとクラウドワークスで、WEBライター始めたんですよ。

そしたら、ランサーズオブザイヤーに呼ばれそう。

んで、顧問として、1時間15,000円で呼んでくれるところが見つかっちゃった。

辞めるならいましかないでしょって。

飛び込むことにした。

結局、組織の中では貢献することに限界が来たから辞めたんだよ、会社って。

3.結局、嫌だいやだと思ってやってきた人事10年の経験が、理想を実現させてくれている。

なんだかんだ、辞めたいと思うほど、真剣に思い悩んでやった仕事は、結局は身を助けている。

会社を辞めることは、ネガティブなことじゃない。

組織の中で貢献できることに、限界が来たら、飛び出せばいいと思う。

あなたは真面目なのだ!長所以外、何者でもない。

明日からも辛いけど、一緒に乗り切っていきましょう。

以上

 

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください