会社を辞めたい、と思うのはそれだけあなたが真剣すぎるということ。力を抜こう。

会社を辞めたい。

もう土曜日終わりか。

辛いですよね。

それでまた憂鬱な月曜日が来るのが分かっているから、やけ酒したり、友達とバカ騒ぎしたり。

でも、明日仕事やからって1人ずつ抜けていき。

こんなページを開いてしまいましたね。

今回は、会社を辞めたいのは真剣すぎるということで、その改善案について書かせていただきます。

1.心配しなくても、みんな仕事を辞めたい

月曜日とか連休明けとか、少なくともほぼ99.9%の人が、会社行きたくないって思ってます。

だから、別にあなただけではなくてみんな辞めたいってことです。

2.真剣に考えすぎるほど、バカを見る

会社でも、特に大企業になってくると、結局、失点をしない人間が生き残る傾向が強くなります。

例外的にそうでない人も少数ながらいますが、大企業では特に事なかれ主義な文化なので、真剣に仕事をするほど出世から遠ざかります。

適当に相槌をうって、経営者の機嫌をうかがって、そのときのトップに評価されるようにさえしとけば、別に解雇規制があるので滅多に解雇にはなりません。

当たり障りなく生きるを信条として、65歳までの給料を維持してもらえるのであれば、そこに安住したほうがいいでしょう。

3.会社は組織なので、誰かがミスしても回る。代わりはいくらでもいる。

会社は組織で動いているので、だれか1人が辞めても回らなくなったり、売り上げが落ちるようなことはありません。

そうなるように制度も整えていっています。

だから、別にしんどかったら有給を使いましょう。

4.どうしても会社を辞めたいなら、次を決めてから辞めましょう。

最近、50歳で会社をいきなり辞めてしまった人が面接に来られました。

まだまだ転職は若者有利なので、出来れば、転職先を決めてから転職をするようにしましょう。

 

以上

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください