フリーランスの働き方で、サラリーマン時代よりもこれはいいな!と思ったところ。

最近、フリーランスになってみて思ったのですが、会社員時代よりも、これは凄い良いなとなったところを紹介させていただきます。

私のフリーランスとしての仕事内容は、人事コンサルタント業と、執筆業です。

顧問先に出向くときは朝早いですが、それ以外はめっちゃコレいいなって思います。

1.朝10時まで寝ていていい。

サラリーマン時代は朝5時半に起きてから、電車通勤が当たり前でした。

眠い中、人混みをかき分けて出勤。

眠い目をタバコと缶コーヒーで起こしてから、パソコン起動してメール返信して、なんか役員室に呼ばれて怒られてみたいなのがないのがいいです。

2.嫌なお客さんは断れる

サラリーマン時代は、どんな人とも平等に接しないとダメっていうのがあって、嫌な人とも付き合わないといけませんでした。

いまは、一緒に仕事していて合わないなと思える人とは、付き合いを切ることができます。

3.ゲームし放題

ライティングの仕事だけがある状態のときは、ゲームしたりしながら文章を考えたりとか、自由度高いですね。取材記事はこれできないけど。

4.子供の看病しやすい

子供が熱を出したとか、保育園通えないときは、家で見ることができます。

共働きなので、これはありがたい。

5.イライラしにくくなった

会社員時代はすぐにキレる性格だったのですが、いまはあんまりイライラしてません。

穏やかになったのだなと思います。

まあそんなところですね。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください