サラリーマン時代に憂鬱な月曜日を乗り越えるためにやっていたこと

明日からまた会社か。

もう会社行きたくないよ。

憂鬱になりますよね。

休みに入る直前くらいが一番楽しくて、いざ、休日になると、昼まで寝てしまってあんまり楽しめなかった。

ああ、また会社かよ。

今回は、そんなかったるい月曜日を乗り越えてきた10年間を振り返ってみたいと思います。

1.感情を捨てて機械的になる

朝、起きて飯を食べたら、感情を消します。

何も考えずにスーツに着替えて、そのまま何も考えない。

どうせ会社に行ったら山ほど仕事は降ってくるので、もう何も考えない。

機械的に動きましょう。

2.日曜日の夜は、いっそ寝ないでゲームする

あんまり体によくない方法ですが、布団に入って明日会社嫌だなと悩むくらいなら、いっそ指先を動かして、ゲームに没入します。

3.ブログを読む

ブログをひたすら読んで、何度も色々な月曜日の負の感情を読みまくります。

悩んでるのは俺だけじゃない、と気持ちが軽くなるのを感じることができます。

4.悩み事を勝手に頭の中で増やさない。

月曜日からの仕事の段取りで、悩み事を頭の中で勝手に増やさないことが大切です。

日曜日の夜に、「あ、あの書類出してなかった。どうしよう」と思い出したらドツボです。

あー、しまった、怒られるかなとか思ってしまう。

現実は会社に行ったら、同僚が出してくれていたりします。

5.本を読む

ひたすら本を読んで現実逃避します。

出来るだけ日常を忘れられるような刺激的な内容がいいですね。

漫画とか。

6.心配しなくても、みんな会社行きたくないっすよ

俺もそうでしたが、会社、別に行きたいと思っていってる人はあんまりいません。

社長さえもやる気ない日があるんで、そんなに気にせずに会社に行ったらいいですよ。

 

以上

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください