第二新卒で転職に失敗しない方法とは?上場企業人事歴10年が徹底解説!

「新卒で入った会社がクソ過ぎる」

「なんでこんな会社に入っちゃったんだろう。転職したけいど、こんなに早く辞めて大丈夫かな。」

こんなにも早く会社を辞めてしまって大丈夫なのかなって不安になりますよね。

でも、大丈夫です。

私はこれまで10年間人事として、転職エージェントを活用してきました。

この記事を読めば、入社して1年で会社を退職してしまっても、問題なく転職できることと、その具体的な方法が分かります。

今回は、第二新卒で転職を成功させる方法について、現役人事の私が徹底解説させていただきます。

1.入社して一年で転職できるのか?可能です!

2019年現在は超人手不足で人事部の内部は一言でいうとパニック状態です。

・求人広告を80万円使ってリクナビNEXTやマイナビ転職で打ったけれどほとんど反応がない。

・そもそも新卒採用が大手企業が採用枠を増やしすぎて定員オーバーしてまで確保するため、中小企業や優良な名前の有名でない大企業でも新卒採用が充足できない

・リーマンショックや長引く不景気で若者不足に陥っている企業は、戦力補充のために若手採用に必死

こんな条件がそろっているのは滅多にあり得ません。

 

2.第二新卒の定義は、新卒入社から三年以内の、転職一回目の人材のこと。

第二新卒とは、以下のようになります。

・大学を卒業している大卒者

・新卒入社した会社を三年未満で退職している

・新卒入社して三年未満で、転職を希望している若手社員を指します。

年齢的には25歳以下を一般的には指します。

法的な定義はなく、企業ごとに定義はあいまいです。

実務経験3年を超えると経験者枠での採用となるので、一般的には第二新卒とは呼びません。

3.事実!職歴が浅くても転職エージェントは活用可能でむしろ使おう!

露骨な表現になるかも知れませんがもう、20代であれば求人紹介料金の安い会社に頼んで採用をしています。

通常、リクルートエージェントやDODAに頼むと年収の30%を転職エージェントに支払って転職希望者を採用しないといけないのですがいい就職.comはなんと

50万円くらいでひとを紹介してくれます。

年収300万円の正社員を普通の転職エージェント経由で採用したら90万かかるところをいい就職.comを運営しているブラッシュアップジャパンは50万で済むということで正社員を確保したい企業がここに殺到しています。

20代の初めての転職は、「20代の転職相談所」でまずは相談

で、これだけいうと会社側にメリットあるだけじゃないかと思うかもしれないんですが人事的にはお金が安い分同期を採用して仲良しグループを作ったりできます。

普通は150万くらいかかる紹介費用が3人分使えるわけだから、同期3人で仲間を作って頑張らせたりできるんですよ。

中途採用者は同期がいないのが普通だから、これはめっちゃ人事的にも採用される人的にもお得なんですよ。

3.ブラッシュアップジャパンは第二新卒に特化した転職エージェント

ブラッシュアップジャパンの特徴としては内定者フォローが充実していて紹介実績のある会社にドンドン紹介するスタイルをとっているので、ブラック企業のような会社はあんまり紹介されないところです。

20代の転職支援に特化しているから、とにかく紹介に慣れています。

また他の会社と大きく異なるのはこの会社は入社後も普通に紹介者の顔をエージェントが見に来るところ。

担当者の人は腰が低く、転職希望者も20代オンリーしか扱っていないので、兄貴分的な転職エージェントが多くリードしてもらえる。


4.人事からの信頼の厚い優良企業!

ブラッシュアップジャパン(いい就職.com)は急成長を見せている会社で、20代が欲しい人手不足の企業に職歴がなくても大企業や優良企業に就職したい人材をうまくマッチングさせています。

私が昔いた会社の人事課長もここの出身だったりします(東証一部上場企業)

フリーターから上場企業の人事企画課長を輩出する転職エージェントなんてめったにないですよ。

5.職歴が浅いからといって、ハローワークは使うな!

職歴がない人ほどハローワークで転職活動をしてドツボを踏みますが、ハローワークよりもこうした民間エージェントの方がやりやすいです。

理由としてはハローワークはまずお金がかかっていないから真剣度が薄いですね。転職エージェントは転職成功をさせないと利益がでないから必死です。

またハローワークは求人をチェックする機能低下について人事の間では5年前くらいから敬遠されています。

6.ハローワークを使うから内定が出ない!

ハローワークは転職支援に関しては民間エージェントよりもかなり弱い傾向にあります。

理由としてはそもそもハローワークにいる相談員さんは契約社員です。

来年いるかわからない人が他人の転職支援、本気になれますか?

また、ハローワークに来る求人を経営者がチェックいない可能性があります。

内部的な事情ですが、そもそも論としてお金のかかる決裁の場合は経営者って厳しくチェックする傾向にありますが無料媒体を使うとチェックしない可能性があります。

人事側の真剣度の薄いケースもあるんです。

7.いい就職.comで第二新卒で転職しよう!

いい就職.comは求人紹介料金の安さも手伝って若手の転職希望者に有利ですし、何よりも親身なフォローがあります。

正社員で内定でないと悩む前に人事的にはここを早く活用して内定を取ることをおススメいたします。

20代の子はとにかく職歴さえ積むことが出来ればあとはなんとかなるので、フリーター長くやるよりもおススメですよ。



以上

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください