【WEBライターは稼げない?】営業の方法を見直せば仕事は取れます【自分の年収は自分で決めよう】

「うわぁ。文字単価1円切ってるのに修正って、もう嫌だなこんな仕事」

「音信不通されて、報酬も支払われなかったよ」

「文字単価1円以上の案件すら取れないよ。文字単価20円とか言ってる人はどうやって営業しているんだ」

稼げないとイライラしてそのうちライター業そのものをやめようってなりませんか?

でも、大丈夫です。

私は去年、サラリーマン(しかも残業土曜日出勤あり)という身分でありながらも、ランサーズオブザイヤー2019候補に選ばれました。

単月の最高月収は70万円。賞金ランキングには、トップ10に複数回入っています。

WEBライターとして稼ぐには、ジャンル選びとクライアント選定というコツがあります。

この文章を読めば、まったく稼げないという状態を脱して、簡単で楽に、あっという間に月収40万円をキープできるWEBライターに変身できます。

現在せっかくWEBライターを専業でやっているのに

・文字単価が10円を超えない人

・5円平均を割っている人

・月収が20万円から30万円代をウロウロしている人

・文字単価1円以上の案件をとれていない人

・専業WEBライターを目指している、サラリーマンや学生さん

最後まで読まないと一生1円ライターのままですよ!

稼げるジャンルを知る

「WEBライターを2年もやっているのに全然稼げないんです。どうしたらいいんですか」とよく問い合わせをいただきます。

そういうライターに聞くと、書いているジャンル選びがまず間違っています。

キャッシング、クレジットカード、エンジニア、脱毛など、広告単価が高いジャンルはWEBライターに入ってくる金額も高くなります。

一方でそれ以外の安いジャンルは本当に文字単価が安い。

会社と一緒。儲からないとボーナスでないでしょ。

クライアントが儲かっていないと、当然、あなたに入るお金も安いです。

儲かるジャンルを最初に選んで稼ぐことに徹するのが良いです。

稼げるジャンルを選んだ結果、私の教え子はランサーズ登録して1日でライター経験なしで文字単価5円をいきなり継続案件からスタートしています。

嫌なクライアントを断るほど、高い収入が入ってくる

「嫌なお客さんだけど、これを断ったら次はないかも知れない」

嫌なクライアント=あなたとフィーリングの合わないクライアントさんです。

具体的には、

・上から目線で修正依頼を出してくる

・連絡が遅い。放置される

・入稿から入金までが遅い

・しれっと追加作業を依頼してくる。もちろん無報酬で(笑)

つまり、あなたの仕事をするモチベーションをゴリゴリ削ってくるヤバい人。

早く離れましょう。

え?

お金がない?

違う違う。

ストレスを抱えたまま、仕事をすると、収入は落ちます。

ストレスがお金になるのはサラリーマンのときだけ。

成果でお金を支払う仕事をしている場合は、自分が一番ストレスのたまらないフィーリングの合うクライアントさんと一緒に仕事をすると、それだけで精神的に安定します。

つまり、儲かっちゃうんだな。

私が経験した実例をご紹介。予算200万円のクライアントを断ったら、予算300万円のクライアントが登場した。

文字単価2円で文字数3000文字で、週に10本、つまり、月24万円を8ヶ月保証しますというクライアントさんがいたんだよ。法人さんね。

んで、最初は良かったんだけどあとで原稿にどんどんケチがついてきて、俺は怒ったんだよね。

それで契約を解除した。

独立したての時期だったからかなり厳しい懐事情だったんだけど、なんとね、断った翌日にいいお話がきた。

いきなりメールで依頼だよ。

ブログを読んでくれていて、興味を持ってくれていたらしい。

ランサーズばっかり使っていた俺には衝撃だった。

「一ヶ月10記事で20万円、文字数は2000文字より少なくてもいい。慣れてきたらもっと出すよ」

文字単価10円だよ。5倍になっちゃったね!

かなりありがたかったから飛び乗ったね。

人事コンサルタントとしての売り上げの悪い時期は、WEBライティングで金を稼がないと厳しかったし。

それと同じように、文字単価5円の依頼が大手の派遣会社や人材紹介会社から舞い込んできた。

嫌なクライアントを断ると、必ずいいクライアントが現れるんだよ。

ブログを書いた

ブログを不精ながら書いている。

自分の得意分野というか、生業の記事ばっかりなんだけど、人事として感じたことをこのブログや他のブログで発信してきた。

するとね、ブログを見たっていうお客さんから記事を書いてくれとか、面接代行をやってくれとか、問い合わせがくるようになった。

個人事業主はブログ必須だよ。

稼ぐことに罪悪感がないか?それを捨てよう。

WEBライターにしても、コンサルタントにしても、稼ぐことに罪悪感がないか?

お金はどんな価値観があるのかも大切だけど、ないと生活できない。

まず稼ぎまくってから、罪悪感を持てばいいよ。

まとめ

稼げるWEBライターになるには、

・稼げるジャンルでひたすら書く

・嫌なお客さんは断る

・ブログを書く

・稼ぐことへの罪悪感を捨てる

これだけで稼げるようになる。

ぜひ、実践してみてほしい。

人事コンサルタントの髙橋弘樹へのご依頼はこちらから

人事でお困りの皆様へ

面接代行から、社内人事制度の構築など、人にまつわることなら、ぜひ、人事コンサルタントの髙橋弘樹までご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください