【高卒と大卒の違い】就活生・受験生必見!将来を見据えた大学選びの極意とは?【上場企業人事が徹底解説!】

「大学をどこを選ぶのか迷っている。将来いい会社に就職するためにはどうしたらいいのかな」

「高卒と大卒ってどんな違いがあるの。給料の違いってどうなっているの」

多くの過ちを犯してきてキャリア的にいまフリーランスになってしまったので、高校生のときにこうしとけばよかったねということを伝えたいと思っています。

私はこれまで約10年間、人事と採用担当を経験してきました。

もっと早くこの日本の人事システムを理解していれば、たくさんの過ちを犯さなかったと思います。

悔恨を込めて、いま進路に悩んでいる高校生に記事を送りたいと思います。

1.大学は私大文系なら、早慶を選んでおこう

私は大きな選択ミスをしています。

早稲田の文学部と明治の法学部に合格にしたのに、法律をやりたいから明治の法学部を選んでしまった。

結果的には洛南高校を卒業して早慶にも入っていない、ということで就活の場で不利になることもあった。

SFCとか社学とか下の学部でもいい、早慶を選んでおこう。

大学名しか新卒採用の段階では、少なくともみられることはないから。

2.文系と理系の差を考えておこう

日本は理系人材が不足気味です。

そのため、文系では早慶を出ていないと入社できないような企業でも、理系なら簡単に入社できる。

偏差値のめちゃくちゃ低い理系の大学でも、三菱重工なんかには結構います。

あと、よほど志がある人以外は、化学か、機械系を選んでおこう。

農学部は避けよう。

3中卒・高卒・大卒・大学院卒で賃金は大きく違う

私がいた三菱重工系、某大手自動車メーカーの上場企業では、こんな感じで賃金差を設定していました。

学歴である程度は出世限界値と初任給に差があります。

迷わず勉強しよう。

一生逆転できない差が入社時についてしまっている。

学歴 初任給 勤務地 出世限界地位 昇給ベース
中卒 150,000円 工場もしくは営業所 係長 3,000円
高卒 165,000円 工場もしくは営業所 課長 3,500円
大学卒 205,000円 本社 役員 5,000円
大学院卒 225,000円 研究所(工場内)もしくは本社統括 役員 6,500円

4.大学では体育会系のサークルに入っておこう

大手の企業ほどシステムがしっかりしており、個人の意見を聞かなくても高い給料を払えるシステムを確立しています。

つまり、上の言うことを聞ける人材の方が採用しやすいです。

体育会系のサークルに入れるなら、絶対に入っておこう。

損はしないから。

私は柔道部だったけど。。。

5.大学では悔いを残さずよく遊び、よく勉強しよう

大学生活で悔いなく遊びつくすようにしておこう。

就職したらそんな時間は滅多にとれないのだから。

6.新卒では迷わず、大手上場企業を狙おう

新卒では迷わず、日本最大手の業界を狙って就活をしよう。

私は従業員数10,800名程度で、売上高4,500憶程度の企業を選んだけど、ここは間違っていなかったと思う。

いまもそのつながりで仕事は来るし、相手に会社名を伝えると、採用代行の仕事を迷いなく与えてくれる。

でも、できればもうちょう大きい企業を狙っておいてもよかったと思う。

以上

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください