3年目転職の本当の恐ろしさは別のところにあった…人事が教える社会人3年目転職の末路

「そろそろ会社も3年だし、転職活動をしようかな」

「大企業だしもったいない気もするけど、ベンチャー企業で自分の力を試してみたい」

サラリーマンも3年目になると、転職を考えて、転職するかどうか悩んでしまいますよね。

筆者の人事経験10年の中で言えることは、大企業なら3年目で辞めるのは避けた方が良いということです。

反対に中小企業勤務であれば、ステップアップのために大企業に行くことはほぼ100%正しいといえます。

私はこれまで約10年間、採用担当者を経験し、社会人3年目転職の末路についてみてきました。

社会人3年目で転職に迷っている人は、最後まで読まないと、自分も同じように転落することになりますよ!

意気揚々と大企業からベンチャーに来たけれど、売れない

私がベンチャー企業で人事をしていたとき、メガバンクで三年勤務した方を採用しました。

非常に気性の荒い先輩たちがいる会社で、「声が小さい!」と罵倒されるうちに、だんだんとやる気をなくし、なんと転職して半年で退職してしまいました。

よく会社を調べないとこういう目にあいます。

そのままいとけばよかったのに。大企業からやりがいを求めて中小企業へ転職。居場所をなくす

大企業出身者で中小企業に入ると、間違いなく、プレッシャーをかけられます。

経営者や部課長は大企業出身だから、優秀なのに違いないと思い込んでいるからです。

しかも中小企業の仕事は大企業ほど役割分担がなく、なんでもやらなくてはならない環境。

仕事のスピードについていけず、一年で自主退職となりました。

だからこそ、筆者は安易に転職をすすめません。実は筆者も失敗しています。

筆者は三菱重工グループを3年弱で退職後、小さなベンチャー企業に一度転職しました。

人事職での採用でしたが、結構、社員に訴えられる会社であり、非常に精神的に疲れました。

結果的には、半年でベンチャー企業は辞めて、また再度、上場企業人事に転職しました。

3年目だからといって焦ることはない

20代のうちは会社に不満だらけですが、30過ぎると、なんとなく受け入れてしまえるものです。

むしろ焦って自分に合わない会社に入ってしまって、その後のキャリアがボロボロになるくらいなら、いっそ30歳の手前まで会社にいて体力温存したほうがよいです。

みなさんがよい転職をされることを、心よりお祈りしております。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください