【名選手は名監督にあらず】管理職が持つべき資質は、いつでも新卒の気持ちに戻れること

指導係がすごすぎて、新入社員は、

「こんなことできるか」

「こんなすごい人にはなれそうにない」

と思って辞めていること、ご存知ですか。

かくいう私もその一人で、実はそんなネガティブな感情を持ちながら10年間人事をやってきました。

そして、いつしか新卒の指導をする立場になり、痛感した言葉があります。

「名選手、名監督にあらず」という言葉です。

会社においては、なぜか非の打ちどころのない職歴10年レベルの社員を新入社員の指導係に据えたがりますが、それは間違いです。

新卒社員にとっては気持ちに寄り添ってもらえる人が指導係の方がずっと安心するためです。

また、指導する側は、常に新卒の気持ちになって教える必要性があります。

今回は、新卒社員の教育係はベテランなんかじゃないほうがいい、というその理由について解説します。

まったく社員が育たない、部下の指導方法で悩んでいる方がいたら、ぜひ、最後まで読んでいってくださいね。

新卒の指導係には、職歴2年から3年以内のフレッシュマンがいい

新卒の指導係にバリバリの職歴10年の人を付けるのは避けましょう。

職歴2年から3年くらいの人材の方が、「これくらいのレベルなら自分でもできる」という風に、新卒がいい意味で自信を持てるためです。

逆にとても仕事のできる人材に指導を任せると「こんなレベルの仕事はできない」としり込みしてしまい、委縮してしまいます。

その結果、いつまでたっても単独で行動できない人材になります。

新卒は真っ白な紙。色の付きすぎた職歴10年クラスが指導しても気持ちが理解できない。

新卒は画用紙に例えると、真っ白な紙です。

そのため、職歴10年クラスが指導しても、各人の色が濃すぎて、新卒にはうまく響きません。

具体的には、「この資料を1週間後に、指定した資料を参考に作ってくれ」といっても、新卒には「ん?そもそもエクセルシートのマス目はどれくらいで作ればいいんだ。この資料の元データはどこだ」などの疑問が沸き起こります。

職歴10年もあると、新卒時代に感じていた疑問などもすっかり忘れているため、「なんとなく指示しとけばできるだろう」と適当にやってしまいます。

名選手は名監督にあらず!管理職であっても新卒の気持ちが分かる人でないと指導係は無理

名選手は名監督にあらずという言葉は、実は会社でも一緒です。

特に管理職にまで上り詰めるということは、それだけ人より仕事が特定の部署で出来たということですよね。

ということは、「仕事が分からない新人の気持ち」にはなかなか立てないわけです。

だから、管理職になっても、新卒の気持ちを理解できる面倒見のよい管理職を新人指導係に充てると良いかないと思います。

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください