【コロナで起こっていること】ブラック企業の味方は実は労働基準監督署だったりする

コロナショックで起こっている現状として、労働基準監督署がブラック企業の味方をするという惨状が起こっている。

以下はその具体例。

・解雇されて相談したら、【うちでは取り扱えない】と言われる

・残業代の支給がされていないと本人が申告して訴えているのに、弁護士の方が早いと言い出す

・労災認定を求めたら不支給。弁護士が入るまでまともに審査はしない

・解雇の損害賠償請求を求めてあっせんを申請→拒否→これなら最初から弁護士かユニオンに行っている。しかも相手に手の内を晒すことになるので負けやすくなる

総括すると労働基準監督署は仕事をしたくないので、あり、これから仕事をすることもないということ。

相談するとかえって時間をとられていたい目をするし、労働者泣かせも当たり前にする組織です。

相手にするのは避けましょう。

本当に痛い目を見る。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください