共産党アレルギーの正体って経営者の策略だよ

日本は共産党に対してアレルギーがかなりひどい。

まぁ、資本主義を前提とした共産党なのであんまり共感されないっていうのもあるけど、一番の原因は経営者にあるよね。

労働組合活動がかつてはかなり勢いがあったんだけど、なんとなく共産党かぶれの人が多かったから。

経営者の中には「朝日新聞とか左臭い」とかいって露骨に毛嫌いしている人もいるわけで。

日本人はかなり経営者にマインドコントロールされている部分があるよ。

会社に文句言ったら問題社員扱いするような経営者は大半が共産党を怖がっている。

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください