【採用担当者歴10年が教える】第二新卒での転職が甘いし簡単な理由を徹底解説!

「第二新卒で転職を検討しているけど、甘いのかな」

「第二新卒は早期離職扱いで、転職するのは難しいってほんとかな。現実は甘くないのかな」

と気になりませんか。

結論から言えば、第二新卒での転職は厳しいどころか飛びぬけて甘いです。

なぜなら、中途採用者枠にも関わらず、ポテンシャルで採用される余地が残っているためです。

通常、中途採用者には経験要件と言って経験に見合った仕事ができないと即座に落とされてしまう傾向にあるのに対して、第二新卒枠は特に絶対になければならないという経験要件がありません。

また、甘い転職を実現するためにはいい就職ドットコムという優良エージェントを活用しましょう。



いい就職ドットコムはフォロー体制万全のため、入社後も安心です。

筆者はこれまで約10年間、採用担当者を経験し、500名以上の第二新卒の方を面接してきました。

この記事を読めば第二新卒の甘い転職の実態について知ることができ、自信をもって転職することができます。

第二新卒の転職が甘いのかどうか気になっている方はぜひ、最後まで読んでいって下さいね。

目次

【採用担当者歴10年の結論】第二新卒の転職がハッキリ言って甘く易しい3つの理由

「第二新卒の転職はなぜ甘いと言い切れるの」と気になりませんでしたか。

結論から言えば筆者が約10年間、採用担当者を経験してきて、明らかに他の中途採用者よりもスキルが低くても第二新卒だけは高い内定率を誇っていたためです。

大企業も中小企業、第二新卒の内定率は高く、以下の理由から採用基準が甘くなります。

・第二新卒の転職が甘い理由1:ポテンシャル採用

・第二新卒の転職が甘い理由2:マナーがあれば採用される

・第二新卒の転職が甘い理由3:職歴を深く問われない

それぞれについて解説します。

第二新卒の転職が甘い理由1:ポテンシャル採用

第二新卒の転職が甘くなる原因として、ポテンシャル採用の側面が強いことがあります。

第二新卒はまだ25歳未満の若者を採用することになるためです。

また、職歴も3年未満で潜在能力を見てポテンシャル採用で数を集める必要性があります。

新卒の退職者補充や、会社内での人事異動で足りない部分、若手不足の部門への拡充のためにも第二新卒はなくてはならない存在となっています。

第二新卒の転職が甘い理由2:マナーがあれば採用される

第二新卒の転職が甘い理由として、マナーがあれば採用される点にあります。

なぜなら、第二新卒は新卒入社した企業ですでに新卒者向け研修を終えており、マナーがあると判断されるためです。

マナーがあれば採用されるということは新卒で研修を受けた人には全員、チャンスがあるということです。

企業側は研修コストを省いた上で若い戦力が手に入るため第二新卒を切望しています。

なお、資金力豊富な大手でも研修費カットを狙っています。単にお金のない中小企業だから上記のような採用基準となるわけではありません。

第二新卒の転職が甘い理由3:職歴を深く問われない

第二新卒の転職が甘い理由として、職歴を深く問われず、かなり幅広く経験が評価されるという現実があります。

通常、中途採用者を採用する場合にはコストパフォーマンスを優先するので募集職種の経験者を採用することになるためです。

中途採用するからには即戦力性が一番と通常はなるはずですが、第二新卒に限定すると全くそのような現象がおこりません。

「じゃあなんで第二新卒の転職が甘くないなど様々なうわさが流れているの」と気になりませんか。

次は、第二新卒の転職が甘くないと言われている理由について解説します。

第二新卒の転職が甘くないと言われているのは転職市場が分かっていないから

「なぜ第二新卒の転職が甘くないと言われてしまうの」と気になりませんか。

第二新卒の転職理由が甘くないと言われているのは転職市場が分かっていないためです。

日本は少子高齢化現象に悩んでいる上、これまで氷河期世代を採用してこなかったため、基本的に若者事態はずーっと10年ほど不足しています。

第二新卒の転職が厳しいわけがまずないんですね。

「面接は甘くても採用後は厳しくされるのでは」と不安になりませんでしたか。

次は、第二新卒の転職後の甘さについて解説します。

第二新卒の現実は甘いし、転職後も歓迎される

第二新卒の現実は甘いし、転職後も基本的に歓迎されます。

なぜなら、まだ若手のためです。

仕事上の実力もこれから伸ばせばいいという考え方のため過度に厳しく指導されることは少ないです。

次は第二新卒の需要が高いことを裏付けるデータを紹介します。

第二新卒の需要が高い理由2つ

「本当に第二新卒って甘いのかな」と疑う方もいると思います。

しかし、実際にデータを見れば納得できます。

具体的には、以下の2つのデータを紹介します。

・新卒は30年間以上変わらず3年以内に3割辞める

・既卒よりも第二新卒は有利

それぞれについて解説します。

新卒は30年間以上変わらず3年以内に3割辞める

厚生労働省の発表する学歴別3年以内離職者のデータによると、20年以上変わらず約3割の大卒新卒が離職しています。

参考:厚生労働省 学歴別就職後3年以内離職率の推移

https://www.mhlw.go.jp/content/11650000/000845627.pdf

実に3割という巨大な数字、3分の1が一生無職のままでしょうか。そんなわけないですよね。

筆者は3年経過前に辞めている人材を第二新卒という言葉が流行する前から採用しています。

つまり、ずっと昔から第二新卒と呼ばれる早期離職者は存在していて、一定数以上の需要があったということです。

はっきりいって激甘の採用市場といっていいでしょう。

既卒よりも第二新卒は有利

第二新卒と近い言葉に既卒があります。

既卒は職歴なしで新卒就職を出来なかった人材であり、第二新卒は正社員職歴ありの人材です。

既卒よりも第二新卒は有利であり、採用需要があります。

なぜなら、第二新卒は一度はどこかで正社員採用された実績があるためです。

既卒も増加しているため相対的にかなり強いです。

次は、第二新卒になったら人生終了という大きな嘘について解説します。

第二新卒は人生終了なのか?門前払いもあるのか

第二新卒は人生終了ではありません。

なぜなら、これまでも解説したように20年前から需要があったためです。

心配しなくても門前払いという企業は減少しています。

それよりもどこから内定を獲得するのかを考え抜きましょう。大手企業にも転職できます。

【第二新卒で大手入社は無理なのか?】採用担当者歴10年が伝えたい第二新卒で大手に行く方法。

第二新卒は中途扱いであり特に大変ではない

第二新卒は中途採用扱いであり、特に大変ではありません。

むしろ新卒採用活動よりも早期終結するため楽です。

20代の転職活動は3か月以内に終わることがほとんどです。

「第二新卒のメリットってなに」と気になりませんか。

次は、第二新卒のメリットについて解説します。

第二新卒の甘いメリット

第二新卒には大量のメリットがあります。

ずばり、若手なためまだまだ会社での成長余地があることです。

第二新卒の甘いメリットとして、以下のメリットがあります。

・第二新卒の甘いメリット1:採用基準が甘い

・第二新卒の甘いメリット2:志望動機が甘くても大丈夫

・第二新卒の甘いメリット3:業種と職種を変えることが可能

それぞれについて解説します。

第二新卒の甘いメリット1:採用基準が甘い

第二新卒は採用基準が甘々です。

通常の3年以上経験者と比較すると圧倒的な甘さがあり、それほど経験を問われず、しかも年齢が若いため伸びしろへの期待があるためです。

かなり甘い基準で採用されるため、3年我慢するより優遇される可能性があります。

第二新卒の甘いメリット2:志望動機が甘くても大丈夫

実は第二新卒は志望動機が新卒ほど深くは問われません。

なぜなら、志望動機よりも研修をしっかり受けてきたか、もう離職しないためにどんな行動をこれからするのかのほうが重視されるためです。

将来性で採用される傾向にあり、そこまで深く志望動機を何度も練り直す必要性がありません。

第二新卒の甘いメリット3:業種と職種を変えることが可能

業種と職種を変えることが第二新卒は可能です。

なぜなら、過去を深く問われないためです。

これからどんなことをしたいのかを重要視されての採用となり、業種と職種を大胆に変えることができます。

職歴が3年以上になるとなかなか業種を変えることが難しくなるためおすすめです。

「デメリットも少しはあるんでしょう」と気になりませんか。

次は、第二新卒の甘くないデメリットについて解説します。

第二新卒の甘くないデメリット

「第二新卒の甘くないデメリットってなに」と気になりませんか。

具体的には、以下のデメリットがあります。

・安易な気持ちでも転職できてしまう

・すぐにまた辞める可能性がある

それぞれについて解説します。

安易な気持ちでも転職できてしまう

第二新卒のデメリットとして、安易な気持ちでも簡単に転職できてしまう点があります。

なぜなら、企業からの採用需要が高いためです。

若者を企業は率先して採用しがちですから、あまり覚悟もないまま転職してしまう可能性があります。

すぐにまた辞める可能性がある

第二新卒で転職すると、またすぐに辞める可能性があります。

第二新卒は簡単に転職できてしまうためです。

また辞めても何とかなるだろう考えで転職してしまうことで職歴が短期職歴だらけになる可能性があります。

ただ、20代なら3回程度転職しても正社員になれるため大きなリスクではありません。

次は、第二新卒で辞めることが全く甘えではないと人事が断言できる辞めるべきタイミングについて解説します。

新卒3年以内で辞めることが甘えではないといえるケース3つ

新卒3年以内で辞めることが甘えではないと断言できる辞めるべきケースは以下の3つです。

・残業が多い
・やりたい仕事ができた
・未来が見えない

それぞれについて解説します。

残業が多い

残業が多い会社を辞めたいというのは当たり前のことです。

なぜなら、残業をするとリフレッシュする時間が取れずうつ病などになりかねないためです。

残業が平均して月40時間以上あるような会社は辞めたくなって当然です。

やりたい仕事ができた

やりたい仕事ができたというケースでも、仕事を辞めたくなるのは当たり前です。

なぜなら、やりたい仕事があるという状況下では、目の前の仕事に打ち込むことができないためです。

第二新卒は職種を変えることが可能なため、思い切って辞めましょう。

未来が見えない

仕事をしていても未来が見えず将来性がない会社で働くことは避けましょう。

第二新卒はまだ若いためです。

貴重な若い時間を不平不満を溜めて過ごすことは避けましょう。

コラム:何をしていようと批判する人はする。開き直れ!

周囲の意見を気にする若者が多いですが、何をしていても批判する人は批判します。

なぜなら、自分にとって少しでも気に食わないことがあれば人は文句をつけるためです。

周囲に振り回されるのではなく己の意見を持ちましょう。

次は周囲から第二新卒が甘いと言われてしまう理由について解説します。

第二新卒が甘いと言われてしまう理由

「なぜ第二新卒で転職しようとすると甘いと言われるの」と気になりませんか。

その原因は以下の3つです。

・マナーが固まっていない1年未満転職

・志望動機が甘い

・就労意欲が低いと思われることもある

それぞれについて解説します。

マナーが固まっていない1年未満転職

マナーが固まっていない1年未満転職は批判を受けやすいです。

なぜなら、1年未満ではほぼマナーやスキルが身についていないと判断されてしまうためです。

最低でも1年は新卒入社した会社を続けましょう。

ただし、うつ病など精神的に辛い場合は無理せずに辞めることがおすすめです。

志望動機が甘い

志望動機が甘いという理由で第二新卒は落とされがちです。

第二新卒はポテンシャルと意欲が重要視されるため、志望動機が甘い第二新卒を多く見てきた面接官や社会人からするとあまりやる気を感じられないのでしょう。

志望動機を固めて対策すればそれで問題なしです。

就労意欲が低いと思われることもある

第二新卒は就職後3年以内に会社を辞めているため、就労意欲が低いと思われることがあります。

なぜならすぐに会社を辞めているため、この先仕事を長く続けられるか疑問視されてしまうためです。

しっかりと勤続を続ける意思を持ち、自己アピールするようにしましょう。

次は、第二新卒が転職を成功させるために重要なポイント3つを解説します。

第二新卒で転職を成功させる重要なポイント3つ

第二新卒で転職を成功させるために重要なポイントとして、以下の3つがあります。

・最低1年は在籍してマナーを固める

・転職にベストな時期である2月8月を狙う

・転職エージェントを使う

それぞれについて解説します。

最低1年は在籍してマナーを固める

第二新卒はできれば最低1年は在籍してマナーを固めましょう。

転職後に早期に戦力化できると判断されるためにはマナーを固めることが重要なためです。

採用担当者に戦力化が出来ると判断されるようにマナーを固めてください。

転職にベストな時期である2月8月を狙う

転職にベストな時期である2月8月を狙うことが実は重要です。

第二新卒の補充タイミングは4月からの戦力強化に向けて採用を活発化させる2月と、新卒で辞める社員が出る8月となっているためです。

筆者は人事を約10年間経験していますが採用数が増える時期は例年変わりません。

転職エージェントを使う

最も重要なことは転職エージェントを活用することです。

なぜなら、転職エージェントは様々なアドバイスをしてもらえるだけではなく、面接日程予約や給与交渉などをしてくれるためです。

絶対に転職エージェントは活用しておきましょう。無料で活用できるため1円もお金はかかりません。

ところで、「どうすれば甘い転職を実現できるの」と気になりませんでしたか。

甘い転職を第二新卒が実現するための方法を次は解説します。

第二新卒が甘い転職を実現させるために重要なことは転職エージェント活用

「第二新卒が甘い転職を実現するためには何が必要なの」と気になりませんか。

結論から言えば、転職エージェントを使えば早く転職できますし、良い企業を探せます。

なぜなら、転職エージェントは以下のような徹底的なサポートをしてくれるためです。

・志望動機や自己PRを考えてもらえる

・書類作成・送付や面接日程調整をしてもらえる

・面接対策もバッチリ

・入社後フォローもある!

それぞれについて解説します。

志望動機や自己PRを考えてもらえる

転職エージェントは志望動機や自己PRを考えてくれます。

転職エージェントは客観的に見た強みをしっかりと捉えて一緒に志望動機や自己PRを考えてくれるためです。

なかなか自分ひとりでは企業の採用担当者の心に響くような言葉を考えることは難しいですが、転職エージェントと一緒なら楽に作成することができます。

書類作成・送付や面接日程調整をしてもらえる

転職エージェントは書類作成や書類送付、面接日程を調整してくれます。

転職エージェントに2枚、履歴書と職務経歴書を登録すればあとは提出代行してくれますし、日程調整もエージェントが転職志望先の企業と調整してくれるためです。

かなり便利で在籍中の転職にも使えます。

面接対策もバッチリ

転職エージェントは面接に通りやすい受け答えの方法を教えてくれます。

なぜなら、転職エージェントは紹介企業で内定が出た人材の傾向を把握しているためです。

どのように答えれば内定が出やすいかを熟知しているため効率よく転職できます。

入社後フォローもある!

若者向けの転職エージェントは入社後フォローが充実しています。

なぜなら、途中で辞められると収益にならないためです。

ちょっとした愚痴や企業の改善して欲しい点を伝えると採用担当者に改善のアドバイスをしてくれることもあります。

「どこの転職エージェントがおすすめなの」と気になりませんか。

次は、採用担当者歴10年の筆者が教える優良転職エージェントを紹介します。

甘い転職を実現するために活用すべき転職エージェント

甘い転職を実現するためには以下の転職エージェントがおすすめです。

・【絶対おすすめ】いい就職ドットコム

・ウズキャリ

・ハタラクティブ

それぞれについて解説します。

【絶対おすすめ】いい就職ドットコム

第二新卒向けの転職エージェントではいい就職ドットコムが絶対におすすめです。

筆者も採用担当者時代にいい就職ドットコム経由で第二新卒採用をしていましたがフォローが良く、内定率が高かったためです。

若者の気持ちが分かる担当者が多く在籍しているため、まず登録しましょう。


ウズキャリ

ウズキャリは第二新卒の中でも特に営業職に特化した転職エージェントです。

明るい応募者が多く、営業職志望者はぜひ登録してみましょう。

大阪支店はかなり元気のある支店でした。



ハタラクティブ

ハタラクティブは未経験者前提求人が多く、第二新卒に適したエージェントです。

特にIT系などクリエイティブ系を志望している方は活用してみましょう。



「第二新卒で転職したいけれど気になることがたくさんある」と気になっていませんか。

次は、第二新卒の質問でよくある質問について解説します。

第二新卒のよくある質問Q&A

筆者は約10年間採用担当者を経験してきましたが、以下のような質問をよく受けました。

具体的には、以下のような質問です。

・第二新卒で大手に行くことは可能なの?

・人事部に第二新卒で転職する方法はあるの?

・第二新卒の転職で結婚のタイミングはどうなるの

・第二新卒の末路はどうなの

・第二新卒扱いされる期間はいつまで?

それぞれについて解説します。

第二新卒で大手に行くことは可能なの?

第二新卒で大手に転職することは可能です。

詳細は下記の記事をご参照ください。

【第二新卒で大手入社は無理なのか?】採用担当者歴10年が伝えたい第二新卒で大手に行く方法。

人事部に第二新卒で転職する方法はあるの?

人事部に関しては人事経験者以外厳しいです。

総務の経験者が人事転向することは可能です。

第二新卒の転職で結婚のタイミングはどうなるの

プライベート事情ですが、いつのタイミングで結婚するのかなどを考えて転職するようにしましょう。

第二新卒の末路はどうなの

役員にまで昇格している人はたくさんいます。

昔から大卒は3年で3割退職しており、20年前の時代の方で役員になっている方は結構います。

第二新卒扱いされる期間はいつまで?

第二新卒扱いされる期間は大卒で25歳以下、大学院卒で27歳以下です。

職歴1年以上3年未満の要件を満たすことが重要です。

まとめ

今回は、第二新卒の転職が甘い理由について解説しました。

特に以下の理由で甘いです。

・第二新卒の転職が甘い理由1:ポテンシャル採用

・第二新卒の転職が甘い理由2:マナーがあれば採用される

・第二新卒の転職が甘い理由3:職歴を深く問われない

甘いため転職は簡単に出来るのですが、短期職歴が増えすぎないように注意するようにしましょう。

 

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください