【採用担当者歴10年が伝えたい】中小企業に就職したら100%後悔します。

「中小企業に就職する方が無難かな。新型感染症が流行しているせいで大手企業に就職するのは厳しそうだ」

「行きたかった大企業が募集停止をしてしまった。もうとりあえず内定が出るのであれば中小企業でもいいから就職したい」

と気になっていませんか。

結論から言えばせっかく就職するのでしたら、新卒では大企業に入社することを強くお勧めします。

大企業では会社のお金で様々な研修を受けられるだけではなく、予算規模の大きな仕事を経験することで仕事全体を俯瞰してみることができる大きな仕事をこなす能力が手に入るためです。

また、中小企業に入社すると転職する際にも新卒入社できた会社の企業規模=その人の就職できる最大値が新卒入社した企業だと採用担当者は判断するため大企業に入りなおすのはかなり大変です。

筆者はこれまで約10年間、正社員1万人以上在籍規模の上場企業から社員100名程度の中小企業で採用担当者を経験してきました。

この記事を読めば「新卒で中小企業で妥協してもいいんじゃない」という考え方を払しょくし大手企業を狙うことができます。

中小企業へ就職して後悔したくない、という方はぜひ最後まで読んでいってくださいね。

【後悔】中小企業では仕事の全体図を把握できず一生仕事ができるようにはならない

中小企業では仕事の全体図を把握できず一生仕事ができるようにはならないという現実があります。

スキルが50代になっても基礎から身につかないためです。

また、中小企業の大半が大企業からの下請け仕事や個人客相手の綱渡りの経営をしており、安定して定年まで勤務できる確率も実は大手より低いです。

つまり退職リスクが大きいうえにスキルも身につかず、おまけに大手企業よりも給料が安いということですね。

地獄過ぎる。。。

中小企業とは?その定義を紹介

中小企業とは、中小企業庁によると以下のように定義されています。

業種の種類 定義
製造業その他 資本金3億円以下従業員数300名以下
卸売業 資本金1億円以下従業員数100名以下
小売業 資本金5000万円以下従業員数50名以下
サービス業 資本金5000万円以下従業員数100名以下

参考:中小企業庁 中小企業・小規模企業の定義

https://www.chusho.meti.go.jp/soshiki/teigi.html

大手企業に関しては法律などで特に定めがなく上記以上の規模の企業が大企業となります。

【後悔の嵐】中小企業に就職すると直面するデメリット

中小企業に就職すると直面するデメリットとして、以下のデメリットがあります。

・常に人手不足でブラック労働

・部署数が少なくトラブルを抱えると異動先がなく退職するハメになる

・経営者の鶴の一声で全てがひっくり返る=経営者に嫌われたら最後

それぞれについて解説します。

常に人手不足でブラック労働

中小企業は慢性的な人手不足です。

理由として、そもそも中小企業に就職したいと思って就職する方は少ないためです。

入社してもすぐに人が辞めていくため残れば残るほど仕事は膨大に積み重なり最後は残業地獄になりますね。

部署数が少なくトラブルを抱えると異動先がなく退職するハメになる

中小企業はまず部署数が少ないという致命的な弱点があります。

大企業であれば職場の人間関係でしんどい状態になった社員を異動させることで勤続を続けることができるように人事が配慮しますが、中小企業では「会社が嫌ならさっさと辞めろ」という冷酷な判断がしょっちゅうなされます。

筆者は大企業から中小企業の人事部に転職した際、人間関係でうつ病になった社員の対応をしましたが、以下のような対応でした。

大企業→とりあえず3か月休職して、希望の部署に異動してみないかと経営者が率先して提案する

中小企業→精神疾患?甘えるな。1か月分の手当だけだしてさっさと退職させろ!

上記のようなスーパードライな対応をとるのが中小企業であり現実です。

経営者の鶴の一声で全てがひっくり返る=経営者に嫌われたら最後

中小企業では経営者が全てです。

経営者に好かれていればほぼ何事もなく勤務できますが、嫌われたら最後のため、みんなごますりに必死です。

少しでも経営者に気に入られるために必死に取り入り、社長のプライベートの行事にも身を削って参加します。

飲み会では「社長にほれ込んでます!」とかマジ感極まって泣いていたりしてもうドン引きでした。

中小企業に就職するメリット

中小企業に就職するメリットとして、以下のメリットがあります。

・ちょっとでも仕事ができればすぐエース

・辞めていく人ばかりなので3年いればベテラン

・やる気アピールだけで仕事ができるように見てもらえる

ちょっとでも仕事ができればすぐエース

中小企業ではちょっとでも仕事ができればすぐエース扱いです。

お山の大将になることが可能なため、仕事できる認定されれば楽ですね。

ただ、大手では約に立たないでしょう。

仕事を俯瞰したり仕事の最終形態を見ることができませんので。

辞めていく人ばかりなので3年いればベテラン

中小企業では辞めていく人ばかりなので3年いればベテランです。

ちょっと耐えていれば昇格のチャンスあり。

人間性が良い人から辞めていきますがね。

やる気アピールだけで仕事ができるように見てもらえる

大手企業では仕事に関しては業務分掌や仕事の能力把握が細かく行われて査定されていきますが、中小企業ではありません。

そのため、やる気満々です会社大好きですの言葉だけでマジで評価されます。

あまり良いことではありませんね。

ブラック中小企業就職探しにおすすめなのは就職サイト・ハローワーク

中小企業の探し方としてはほとんどが大企業と比べるとブラックなので、適当にハローワークや就職サイトで仕事を探しましょう。

なんかよさそうな企業を見つけたらポチっと押して明日には正社員。

そして短期離職できますね。

中小企業の正社員就職はいい企業を探すのが難しい

中小企業は過去様々な労働裁判などを起こされていたりして、悪い情報は上がってくるが良い情報が上がってこないということも多々あります。

最低限Googleなどで会社名検索をして、過去に労働裁判などをされていないか、ユニオンなどに糾弾されていないかなどを検索しましょう。

犯罪ばかりしている企業もありますからね。

中小企業に就職することで感じてしまう恥ずかしさ・羞恥心。中小企業就職を考えたときに不安を感じるのは当たり前

筆者もとある事情で中小企業に転職してみましたが、その後すぐに上場企業に転職エージェント経由で再就職しています。

地元で同級生と飲み会をしていたときにうちは名門高校だったこともあり、以下のような企業で人事をしている友人が多かったためです。

・トヨタ自動車

・みずほ銀行

・京都銀行

・滋賀銀行

・三菱UFJ銀行

・日産自動車

など。

もうみんな車買ってるし、家も購入済だし。

もうなんか自分の会社名なんか言えないわめっちゃ恥ずかしい人間のカスみたいな感じで言えず。

それでもう1回大企業に戻った経緯があります。

中小企業の人気企業探しやセミナーに参加してる暇があるならとにかく大企業を狙おう

中小企業の人気企業探しやセミナーに参加している暇があるならとにかく大企業を狙いましょう。

本当に時間の無駄となるためです。

正直、中小企業に就職するくらいなら自分で会社を立ち上げて頑張った方がいいです。

中小企業ではなく大企業を狙うために新卒エージェントを使い真っ暗な闇から抜け出そう

中小企業ではなく大企業を狙うために新卒エージェントを使い人生オワコン状態を抜け出すようにしましょう。

筆者がおすすめするのはキャリアチケットです。



新卒向けのエージェントであり、大手企業への求人もしっかりと紹介してくれます。

また、人事目線でのアドバイスを行ってくれることや面接に落ちた理由も聞き出してくれるので内定確率は格段に高まります。

人生で一番自分の望む就職しやすい新卒だからこそ、エージェントを活用して良い人生を送るようにしてほしいです。

中小企業に就職して後悔するのではなく、大手企業を目指して使えるものは全て使いましょう。

 

 

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください